*ふーぐりの日々*【結婚準備】

2016年春に結婚式を挙げました!ドレス選びや手作りアイテムなどの準備日記です。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOPスポンサー広告 ≫ レトロ建築ウェディング おすすめポイントと注意点TOP式場選び ≫ レトロ建築ウェディング おすすめポイントと注意点



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク





↓楽しんでいただけましたらポチッとお願いします☆
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 結婚・ブライダル
FC2 Blog Ranking

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)



レトロ建築ウェディング おすすめポイントと注意点

170201living-room-581073_640.jpg

前回に引き続き、レトロ建築ウェディングの話です。

歴史的建造物で結婚式を挙げる良さと、事前に確認すべき注意点を考えてみました。
式場選びの際のご参考になれば幸いです。



スポンサーリンク




レトロ建築ウェディングのメリット・デメリット


メリット(おすすめポイント)


素晴らしいレトロ建築で結婚式を挙げるメリットはたくさんありますが、
主に挙げるなら以下の3点だと思います!

重要文化財や、歴史ある建物で他と違う大人の雰囲気の挙式ができる

やはり何といっても魅力的なのは、レトロ建築の美しさと雰囲気!

明治や大正期から時が止まったままのような洋館には、新しい建物にはない重厚な雰囲気、そして温かみがあります。
時を積み重ねた厳かな雰囲気のなかで行う結婚式は、きっと挙式する自分たちにも、そしてゲストの方々にも鮮明に記憶に残る挙式になるでしょうね。
指輪の交換や、永遠の誓いはきっとロマンチックだろうなぁ・・・+

さらにクラシックな雰囲気の洋館は、どこを切り取ってもフォトジェニック!
挙式当日だけでなく、写真で振り返っても思い出深く、満足できる結婚式になると思います☆

アンティーク風デザインのウェディングドレスも素敵だろうし、
大正ロマン風の和装とタキシードとかも合うと思う!!
あぁ~、夢が広がりすぎる!!(*σ´Д`*)(笑)

結婚式をした場所が半永久的に残る

ゲストハウスやホテルの場合は設備の都合やトレンドによって数年のうちに改装されることも多く、
式場そのものが無くなってしまう場合もあり得ます。

その点、歴史的に価値の高い建物はそう簡単に閉鎖されることもなく、外装・内装ともに手を加えられることが少ないです。
仮に改装されたとしても、以前の面影が無くなるほどガラッと変わってしまうことはありません。

自分たちの結婚式を挙げた、その日のままの状態で建物が長く残り、改めて訪れることができるという点はとても嬉しいし、素敵なことだと思います!
毎年の結婚記念日にご夫婦で結婚式を振り返ってみたり、ゆったりとお食事を楽しんだりできますね(*≧∪≦)

1日1組限定など、自分たちだけの貸し切りで使える

挙式当日は自分たち1組だけの貸し切りで使える場所も多いです。
ただでさえ慌ただしい結婚式で、他の組のことが気になったり、入れ替えの時間に追われたりせずに
ゆったりと使わせてもらえるのはありがたい!

デメリット(注意点)


一方のデメリット。
デメリットというか、レトロ建築で結婚式を検討する段階での注意点、事前に確認すべき項目を挙げてみます。

その建物の状況次第ですが、考えられるのは以下の3点です。

演出等にある程度の制限がある

例えば「建物内では火気厳禁」など。
この場合、テーブルへのキャンドル配置や、キャンドルサービス等の演出はできないことになります。

また、火が使えないとなると、建物内でお料理の調理ができません
披露宴を別の場所で行うか、この建物内で行う場合はケータリングになる場合が考えられます。

多くの場合は挙式会場となるレトロ建築のすぐ近くで披露宴会場を確保できたり、
場所が離れていても送迎を手配してくれるプロデュース会社さんもあると思うので、さほど心配しなくてイイかもです。

ホテルや式場に比べて設備が古い

「エレベーター無し、階段のみ」「お手洗いの数が少ない」といった場合や、
バリアフリーに完全に対応していないところもあります。
ゲストにお年寄りや車椅子を使われている方をお招きするなら、特に注意して確認しましょう!

先ほどのメリットの項目でも挙げましたが、歴史的に価値の高い建物はできるだけ当時の状態を保てるよう管理されています。逆に言うと、そういう建物になればなるほど、貸会場として多少不便であったとしても改装が難しい、と言えると思います。

会場キャパシティが小さく、ゲストが多い場合はスペースを確保できないことも

ゲスト人数が多い場合は、挙式・披露宴ともにお席の確保が難しいかもしれません。私の感覚では、多くても40~50人程度の規模のところが多い気がします。


実は私たちの場合も、当初はゲスト80人を想定していました(実際はそれより少なくなりましたが)
そうなると、キャパシティ100人の披露宴会場を取れそうな場所がなかなか見つからず・・・
ここがネックになったこともあり、レトロ建築を候補から外しました><

披露宴会場の選定では、会場キャパシティの8割程度のゲスト人数がベストですので、
お友達や職場関係の方など、ゲストをたくさんお招きしたい場合は注意しましょう!

まとめ


以上、レトロ建築で結婚式を挙げる場合のイイところ・注意すべきところ考察でした。

「自分たちの思い描く結婚式が、その場所で実現できるか?」という検討は
どこの式場を選ぶにしても重要なステップですが、レトロ建築ならではの良さ・不便さもあると思うので、
会場の雰囲気やキャパシティ、どんな制約があるか?などをしっかり確認したうえで選んでいただけたらと思います!

一生に一度の記念日を、ぜひロマンチックな歴史的建造物で過ごしてみませんか~☆



スポンサーリンク





↓楽しんでいただけましたらポチッとお願いします☆
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 結婚・ブライダル
FC2 Blog Ranking

こちらの記事もどうぞ♪

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

最新記事
挙式後もきちんと保管!ウェディングドレスのクリーニング 2017/03/20
こんなにかかる!式場の見積り以外の結婚式の費用 2017/02/08
レトロ建築ウェディング おすすめポイントと注意点 2017/02/01
歴史ある建物で大人ウェディングを♪結婚式ができるレトロ建築【大阪】 2017/01/26
結婚指輪:表参道SORAでのオーダーメイド 2017/01/06
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。